レディ

すぐさま現金化できる厨房機器の買取サービス|次の持ち主へGO

動作確認をしておく

コック

業務用厨房機器を処分する時は、業務上である程度使いまわしてから売ることがほとんど。ですから、焦げや傷の跡もあれば汚れもあって、いかにも中古品のような状態になります。ただ、この場合はキレイに掃除をすることで新品のような輝きを取り戻すことができるため、大きな問題はありません。むしろ、業務用厨房機器の買取依頼をする際に必ず確認しておきたいのは、動作確認。実際に電源を入れた後、正常に動作をしているかどうかです。まだ安全に使える状態であれば問題はありませんが、万が一故障している箇所が見つかると買取受付してもらえない場合や査定減額になる場合もあります。そのため、想定範囲の査定額を見るには、業者へ出す前の確認が大切なのです。

動作確認をしておく必要性が高い業務用厨房機器は、製氷機や冷蔵庫など大型のものです。これらは故障していると修理代も大幅にかかることが予想されるので、査定の減額対象になる可能性が高いです。ただし、故障をしていることがわかったとしても、買取してくれないわけではありません。メンテナンスをして中古品販売を請け負うという業者もあるので、このあたりは業者の特性を確認しておくといいでしょう。ただし、動作確認をする上で分解をすることが必要になった場合は、下手にさわってしまうと故障に繋がる可能性があります。この場合は、業者でそのまま動作確認と査定をしてもらった方が安全なので、業務用厨房機器の取扱いに注意してから依頼しましょう。